三浦半島縦断トレイルラン24km走って全く疲れなかった件

トレイルランニング

皆さん、三浦半島縦断したことありますよね?三浦海岸から港南台までの約40km。ですが私がエントリーしてたのは24kmだったんですー、残念!

2月は大忙しです。仕事ではなく、ランの大会です!

2月一週目に近所で神奈川マラソン(ハーフ)がありまして、2月中旬は奄美大島でのジャングルトレイル、そして2月後半はこの「三浦半島縦断トレイルラン」でございます。

神奈川県内であり、三浦海岸からスタートとのことで前泊する必要はなかったのですが8:00スタートなので早朝に家を出ることになりました。マホロバマインズが受付かぁ。

前評判では当レースは手作り感が半端なく、コース上の案内も分かりにくいため迷う人が続出すると色々なところに書いてありました。「地図を持って」と指示はあるものの、事務局からの地図はかなりアバウトなのであまり役に立たないと判断しました。まあ迷うことも楽しみながら、できれば分かってそうな人にくっついて走ればよいかな、程度に考えておりました。

早朝の三浦海岸。天気も良く海がスタートの大会は初めてでした。海がスタート・・・ということは数キロ砂浜を走るという大学の部活を思い出しました。砂浜走ってそれからトレイルのアップダウンですか。罰ゲームみたいですねぇ。

この日、心も身体もとってもよい感じで久しぶりに頑張ってみようかな?と下心が出てしまいました。24kmといういつもより短いコースだったのでちょっと挑戦してみようかと思った次第です。なので今回写真は少な目でスタートとゴールの写真しかありません!

なるほど。迷う人続出の意味が分かりました。コース上に矢印はなく、木の枝にコースを知らせるテープが貼ってあるだけ。これも自然を損なわないようにという配慮なので文句も何もありませんが、やはり「分かりにくい!」私は何度かこっちかな?あっちかな?とストップすることがありました。その度に他のランナーに助けてもらってましたね。え、ここ入っていくの?とひとりでは絶対に行かない道が思いがけずにコースになっているところもありました。

久しぶりに上りもちょっと走ってみたり、平地もいつもよりスピード出してみたり、他のランナーについて行ったりと最初から飛ばし気味でした。砂浜の負担が後半になってジワジワ出て来た次第です。

ですが基本的にはあまり疲れることなく、姿勢や足の運びを意識しながらのレース展開になりましたので、あれ、これもしかしたら上位なんじゃないの?と浮かれ気分なところもありました。

40kmにエントリーしていたと思ったら24kmだったというハプニングもありましたが、まあ24kmだったらちょっと頑張ってみようかなとちょっとしたチャレンジです。

場所柄外国人ランナーもいらっしゃり、途中女性外国人ランナーとトークしながら走っておりました。後半はその女性に余裕で抜かれてしまいましたねぇ。速かったなぁ。

と言う訳で、結果は3時間26分。後半はやはり少しペースが落ちました。ですが総合で15位、40代で7位と初めて順位表を見てしまい、「まあまあイケるな」と調子に乗った次第です。

その女性がゴールにいらっしゃいました。恐らく女性総合1位か2位ぐらいだったのでしょう。

私としては40kmに出ていつもの鎌倉アルプスを通り近所の港南台駅から帰宅するというストーリーがあったのですが、今回は泣く泣く24kmとのことで、思いがけずにスピードを出してチャレンジできたレースでした。異文化コミュニケーションもできましたので3月のニュージーランド遠征のよい練習になりました。

スピードに少しだけこだわりはしましたが、意識すべきところは意識できたので今回も全く疲れはなく、フィニッシュできました。

近くて短い距離もなかなかいいかもなぁ。来年はどうかなぁ。

関連記事一覧

散歩で世界一周しませんか?

コロナの影響でランニング大会が中止になっています。そんなランナーのため、走る機会を持とうとランニングアプリ「Strava(ストラバ)」を利用し、皆さんが走ったり歩いたり距離を合計して世界一周をしています。
初心者、三日坊主大歓迎です。距離や頻度のノルマは全くありません。急かされることもありません。自分のペースで皆さんご参加いただいております。
どうせ散歩するなら是非一緒に世界一周しましょう!
ひとりで走って歩いてみんなで世界一周